ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

交通事故 原因 安全不確認を調査した結果!

ニュース

交通事故 原因 安全不確認を調査した結果!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

交通事故の原因は、「ヒト」の問題

最近、高齢者の事故が増えている事を受けて、自動運転が脚光を浴びています。

この自動運転は、「ヒト」が運転する自動車の補助をするわけですが、すべての車がが自動運転化すれば、基本的に事故は無くなるのです。

ただ、現状の自動運転は万能ではないので、車を運転する「ヒト」の問題が大きいのです。

最近、気になるその「ヒト」の運転について、交通事故の原因と照らし合わせたいと思います。


安全不確認

安全不確認とは、安全運転義務違反という交通違反になるのですが、とても日本的なものだと思います。

違反行為がはっきりしない場合、すべてこの違反になるからです。

気になる違反行為ですが、一時不停止、信号無視、歩行者保護違反です。


一時不停止

まず、一時不停止です。住宅地や裏通りで必ず見かける「止まれ」の標識ですが、宅配会社などの社用で走行している車両以外は、交差点できっちりと止まっている自家用車を見たことがありません。

ササっと左右を見て、何もなければそのまま通り過ぎる、いわば「徐行」して走行する車がほとんどです。

このクセがつくと、「ヒト」は行動が早くなっていくので、安全確認をせずに走行しようとして事故が起きるのです。

日本の道路の交差点は、一時停止の停止線では左右の確認をすることが出来ません。

ここは、安全確認の場ではなく、ひと呼吸置く場所です。次に二次停止をして、見える場所で安全確認を行うのです。

自動車教習所で教わっているはずなのですが、やはり忘れちゃうのですかね。

信号無視

あからさまに赤信号を守らない車は少ないですが、歩行者用の信号が点滅をすると、速度を上げて交差点を通り過ぎようとする、そんな行為がよく見られます。

矢印信号が、黄色信号から赤色信号に変わっても、交差点に進入する車も多いです。

万が一、この時に事故が起こった場合、かなり不利になります。

いつも思うことですが、その信号を通り抜けても、すぐ次の信号があるのですから、そんなに急いで渡っても、止まることの方が多いのです。

そんなに急いでも、かかる時間はあまり変わらないのです。

運転に余裕が無くなったり、ギャンブル的な運転をしたときに事故は起こるのです。

歩行者保護違反

横断歩道を渡っている歩行者に対してクラクションを鳴らす、このような悪質な行為をする運転者は、さすがに減りましたが、信号のない交差点で、横断歩道を渡ろうとしている歩行者に対して、横断歩道の手前の停止線で止まる車はごく少数です。

これは、歩行者保護義務違反なのです。

自動車教習所では、教えられているはずなのですが、実際の道路に出てしまうと、忘れちゃうんですね。

悪質なのは、渋滞で車が並んでいる差に、横断歩道上で止まっている車です。何のために横断歩道の手前に停止線が引かれているのか、理解していないんですね。

ちょっとだけ止まる、ちょっとだけ譲るだけで、事故はすぐにでも減ると思います。


最短90日で、クルマ乗り換え放題

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう